心と技術の美しさ

久しぶりの地元地域の少年サッカーの会場へ

 

平日のトレーニングに参加してくれている選手の小学生最後の大会

いつもの彼らがどんなプレーをしてくれるのかなぁ~と思いつつ

 

それぞれの選手達は、1年間の継続性の片鱗を感じさせてくれたけど、

もっともっとピッチの上で、輝けるだけの武器を持たせてあげないと

ダメですね。

 

自分、まだまだ頑張らないとです

 

この前の岩谷さんとの話の中であった、心の美しさと技術の美しさ

 

小学生最後の大会

 

こんな御膳立ては、誰もの涙を誘い、心の美しさを演出するには最高の舞台

そんな舞台の上で、見せる選手達の心の美しさは、やっぱり心動かされます

 

だけど、やっぱり出来る事なら、サッカーで人の心を動かして欲しかな

技術の美しさ、これがサッカーの醍醐味だと思うし、心の美しさならどんな

スポーツでも演出可能だし

 

やっぱり、これぞサッカー!!みたいのがピッチの上で、見られたら最高なんだけど

 

残念だけど、ピッチの上からも、ピッチを囲む周囲からもそんな雰囲気は微塵も

感じられず…

 

言葉が出ないくらいの虚しさと心の空っぽ感が満載ですが、自分の出来る事を

やり続けるしかなさそうです