映画から学ぶサッカー理論

今日の水スク

まだまだチカラまかせなサッカー

力んでるだけで、しなやかさも感じられず

まあ、オトナもついついチカラに頼っちゃてるんだけどね‥

大砲やミサイルみたいな選手を育てるのもひとつだとは思うけど

個人的には、斬れ味のある、しなやかな選手が選手が育って欲しいかな

映画『LEON』の中で、ジャン・レノ様、こんな台詞を仰っております


初心者はライフルがいい。標的と距離を保てるからな。
腕が上がれば標的に接近できる。ナイフがそのいい例だ

スッと相手に近付いて、相手をスッと仕止める
技に斬れ味があれば、チカラなんて必要ないはず

そんなキレキレの感じになってくれれば本望です


そして、この映画の中のナタリー・ポートマンの演技もキレキレです

今でもこの写真見ただけで、泣けてくるT^T